《主題=>*「は」「が」的區別》

 

從日本詩人的文章中 學習 語法表現

           
朗讀文  練習語法」「には」「が」「を」

 

1.

いっこ  にんげん   いっしょう けいけん        かぎり

一個の 人間(が )、一生に経験すること( )限り

 

(が )ある

 

    どくしょ      ほか      けいけん

しかし、読書によって他の人( が)経験したこと

 

   じぶん

( )、自分のものとすること(が )できる

 

                                                

 

じんせい  ふかさ せけん  ひろさ

人生 の深さ、世間の 広さ ( )知り、

 

 

にんげん    どうさつ しゃかい   みる め

人間( ) 洞察し、社会 ( )見る目

 

  やしなう               言ってよい

( )養うこと ( が) できると言ってよい。

 

_____________________________________________

 

2.

あらたな  れきし     ひとり ちょうせん     はじまる

新たな 歴史 ( )一人の挑戦 から 始まる。

 

いだい しょうり   ひとり ちょうせん     はじまる

偉大な勝利  ( )一人の挑戦 から始まる

 

 

じょうきょう    なげいたり    ひとまかせ


状況  ( ) 嘆いたり、人任せ にして

 

         なん   かわら  ない

ばかりいて ( )、何にも変わらない。

 

じぶん   か         ぶん  せかい   か

自分(が )変われば、その分、世界( が)変わる。

___________________________________________

3.

くろう    さけ  て

苦労( )避け て( )ならない。

 

だんじて  なやみ   か

断じて 悩みに 勝たなければならない。

 

 

じぶん たから    じぶん     いがい

自分の宝 ( )自分でつくる以外にない。 

 

じぶんじしん   じぶんじしん            かった

自分自身(が )自分自身で「よかった」「勝った」

 

 

 いえる  じんせい   かち     つくる

と言える 人生 の価値( )創ることだ。

 

  ひと   えいこう  ひと しょうり  ひと

その人(が )栄光 の人、勝利 の人である。

_____________________


文章截自 [ 受頒授 世界桂冠詩人

池田大作先生 の 『贈ることば365日』

日本海竜社 出版2008年第31刷 p、296 ]

 

 

創作者介紹
創作者 Cattleya 的頭像
Cattleya

四季的森日文同好會

Cattleya 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()